« GWまで時間がないのでホントにざっくりと振り返ってみるよ。 | トップページ | 祭りの、芸能の、源流とは。(“博多アイドル戦国時代”見物記-2) »

2012.06.08

アイドルとは、基本的に、未来のことである。(“博多アイドル戦国時代”見物記-1)

急遽、引っ越すことになりまして。つってもこっち(木更津)で仕事してるから市内なんですけどね。多少は落ち着いてきたのでそろそろ宿便を出しにかかりたいと思います。

F5201

前回同様、アクアライン経由でサクっと羽田へ、そして福岡へ。“新鶴丸”のJALは初でした。別に内装が変わった訳でもなし、ダイナミックパッケージANAより安いからJALにしてるだけだし。

F5202

低気圧に逆らう感じなんで終始ガクブル(ホントに)震えながら西へ。座席指定を「後方/窓側」にしたら思いの外良席でラッキー。つーかガキだなー自分、とも改めて。

F5203

福岡空港到着後。国内線ターミナルから滑走路を挟んで反対側にある国際線ターミナル行の無料シャトルバスに乗ったんですが、まぁこれが面白い。空港敷地の外縁部に沿って走るので見学ルート状態。

F5204

無人のゲートなんか通ったりもして。通過した後でまた一旦停止してゲートが閉まるまで待ったりします。さて、そんなことまでしてどこに行ったかっつーと。

F5205

早々にLinQヲタ全開(苦笑)。そしてこれ撮った直後「今日、午前中に来たよ。ゆさちゃんが。青い服着て」とニコニコしながら声をかけてく る森山大将(笑)「ホントにいいコたちだよねぇ。他のグループはよぉ知らんけど」「一昨日もファンの人たくさん来てくれてねぇ」どんどん話しかけてくるので相槌を打つしかない(笑)一昨日?あー、生誕祭

F5206

全部入りが来たので食べ始めると「えー、ここのスープはですねぇ…」と他のお客さんに話しかけてる森山大将。ここは久留米ラーメンの店。なのでスープは長浜系と違って、少し醤油とんこつっぽいかな。もちろん東京的な雑な味ではなく、九州的な濃厚さと思いがけないさっぱり感がバランスしてる感じでした。店を出てradikoでKBCラジオ聞きながらホテルへ。ちせさんの声は萌え成分を抜いたあーみんのよう。「Sakura物語、応援してください」なんてCM?も流れたりして。

F5207

ホテルにチェックインして少し休んでから博多駅へ。そこから帰りのシミュレーションを兼ねてキャナルシティまで歩くも途中で飽きる(苦笑)コンビニでブラックモンブラン…ではなくミルクック。これもまた“地物”。良いですな。キャナルシティ劇場の入口を確認してからバスで天神へ。ベスト電器の11階は想像以上に狭い場所でした。“ドリンク+フード別料金”の筈ですがどこで売ってるのか分からない。もっとも500mLのPET飲料+うまい棒1本を持ってる人が複数いた時点で思いっきり買う気が失せたので分かんなくてむしろ良かった。やや上手寄り最後列に座り、ふと右を見ると…

F5208

れいしゅしゅ陣営がすっかり準備万端で感心してみたり。因みに物販の稼働は終演後のみでした。2時間弱このままだったサインペンとタイマー(笑)

さて、しぽさんの“電撃移籍(騒動?)”やみく姐さんのツイートで気にはなってたれいしゅしゅ。何となく“周回遅れ”的な印象があったのですが、どうしてどうして。チープに見せかけて実は手が込んでる煽りVから曲調が全部違うオリジナルを4曲キッチリと見せてくれて感心しました。ノーマークで期待値ゼロだった分スッと心のなかに入り込まれた感じ。このときのインパクトを福岡にいる間ずっと引きずってた気がします。リップシンクだったのは残念ですが、現時点でこれだけ見せられるなら東京の対バン系イベントのオープニングで2〜3曲やったらあっという間に“見つかる”と思います。

続いてLinQ Lady。明らかに客の食いつきが違う。圧倒的なホーム状態。そしてももまゆちあっきーをわざわざ招集した意味が分からない…大所帯すぎて埋もれとるがな。衣装替えも長いMCもなく、青衣装のみのシンプルな流れ。「Sakura物語」さえ青衣装+扇子。そしてゆん様が余裕綽々かつキレッキレ。孤高の気高ささえ醸し出して一人別世界な佇まいでした。これも引きずられて3日間ずっとそんな印象でしたけど。

でもってCQC's!。実は結構評価に困ってしまうグループで。曲といいビジュアルといい、何とも90年代チックというかバブリーというかオールナイターズ的というか、少なくとも時流には乗ってないよねって感じで。ただ、それを狙ってるのか狙ってないのかが分かんないし、グルっと一周遅れてかえって面白い的な感じになってるのも事実で。アイドルとして見れば現状でワン&オンリーな存在なのは事実。あとは個性を上手に出していけるか、かなぁ…

そんな感じで三者三様の面白さがあった後でトリを勤めたSHAKEはなんとも微妙。全曲アニソンのユーロカヴァーだし、団扇持ったヲタは要領が分からないのか大人しいし。少なくともトリの盛り上がりじゃなかったなぁ…ステージ袖では反応してる出演者多数だったようですが、そこにウケてどーすんの。

終演後はもちろん!物販です。修羅場です。4組合わせて30人くらいが狭いロビーにうじゃうじゃーっといて声張り上げてグッズを売る訳ですから。とりあえずはLinQをおさえておきます。生写真は通常の半額(2枚で500円)。なので…

F5212

こうなります(笑)。ちゃちゃっとサイン書いて二言三言会話して、って感じ。思いの外ざっくばらんにヲタと会話するありすさんに驚くと「いつもこんな感じですよ。近寄りがたいイメージがあるみたいで…」と嘆かれ(すいませんホントすいません)、ゆさぽよに魁龍に行った話を振ると「え、ホントですかぁ」と満面の笑みを浮かべられ、ゆん様には「やー『残酷な天使のテーゼ』盛り上がりましたよー、裏で」とか言われ(どんな流れだったっけ)ゆじさんとは「ベイサイド、試されてるよねー」「ですよねー」などという字面はシリアスな会話を笑顔でしてました。まぁこれだけで十分っちゃ十分でしたが、少なくともれいしゅしゅには突っ込まなければなりません。CDを買い、呼び込みをしてるリーダーに声をかけると、タイマーのスイッチ(60秒)を入れて対応してくれました。次は東京で会えるといいんだけど…最後はCQC's!のCD買って全員と握手。流れない(笑)。一応剥がす人いるんだけど動きが鈍い。メンバーも焦らない。そして話題がない。(名前を確認→「進みませんねー」的会話)×10。ちょっとした荒行(苦笑)。そしてさぁ終わったぞとホールを出ようとして入口脇に飲料水販売のカウンター発見。ここじゃ入場待ちの列で見えないよ。入場動線工夫してもらわんと。

F5209

終演後に向かったのはこんな店。LinQだらけ(しつこい)

F5210

手作り感溢れるパティが良かったです。あの狭いキッチンとプレートでよく差し入れ分焼けたなぁと思いました(そこか)。100円のハイボールは薄いなぁとか思いながらホテルに戻ったんですが後から効いてきて…

F5211

目を覚ましてテレビをつけたら、どんたく前夜祭HKT48がAKBメドレーを唄っていたのでした…

« GWまで時間がないのでホントにざっくりと振り返ってみるよ。 | トップページ | 祭りの、芸能の、源流とは。(“博多アイドル戦国時代”見物記-2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4025/54836917

この記事へのトラックバック一覧です: アイドルとは、基本的に、未来のことである。(“博多アイドル戦国時代”見物記-1):

« GWまで時間がないのでホントにざっくりと振り返ってみるよ。 | トップページ | 祭りの、芸能の、源流とは。(“博多アイドル戦国時代”見物記-2) »