« “キブン”が理論を駆逐する現在(いま)を超えて | トップページ | AKB48“無修整写真”流出ルートに関する一考察 »

2011.08.12

“アイドル”とは何に対して放たれる存在なのか。

日曜日。高速バスから山手線〜中央線で吉祥寺。ももクロの母体?な3B juniorを一度見ておこうと思いパルコ屋上へ。何かワオワオとか唄ってる…と思ったら盆踊り。思ったより少ない人垣の隙間から見えるのはTシャツ姿の幼女な方々(笑)。前列の客は大人しく座り、後ろの客もさほど騒がない。手拍子もパラパラ。見慣れたアイドルイベントの会場というよりむしろ何かの発表会といった趣。元ももクロの早見あかり登場でやっと盛り上がるってどうよ(苦笑)あと向井田彩子(とトシちゃん)の娘って出てたの?中座したとはいえ把握できず。
その後、10年超使ってたシェーバーの買い替えのためヨドバシカメラ吉祥寺店へ…高いのしかない。こういうとこで旗艦店との違いが出る。この感覚を忘れてた(苦笑2)。高級機種でさんざん試し剃りした挙げ句安い方から2番目のを買うという鬼畜全開、しかもポイント総動員したから現金は1000円も払ってない(をい!)それにしてもBRAUNの振動は凄かったなぁ。昼飯は隣のビルにあったホープ軒
中央線快速〜緩行で水道橋。ラクーアはジェットコースター運航停止で歓声が聞こえないのが不思議な感じ。朝のピーカンから徐々に曇りだし、アイドリング!!!イベントが始まる頃にはいつ降ってきてもおかしくない状態。そして野外なのにハッキリと男臭い(苦笑3)2曲目くらいから降り始め、最後の「Don't think.Feel!!!」の頃には正にゲリラ豪雨。傘さして木陰に避難。ステージ上もトラブルこそないものの進行は見事にとっちらかる。そして現地で合流した知人は「やざパイがドタキャンしたから握手券(権?)キャンセルしてくる」とか言って即売カウンターに向かう…もう何が何だか訳分かんない。餃子の王将で知人&ヲタ数人と合流。久々に脂っこい飯(実家にいると夕食は魚の煮付けばっかりだ)。黙々と喰う。

二つのアイドルイベントを見たけど、共通してたのは(閉じてるなぁ)ということで。両方とも一応オープンな会場ではあったけど、パルコ屋上は一般客の動線からは完全に隔離されてたし、ラクーアもCD購入者が入れるエリアが広くて遠くからだと“女の子が集団で唄ってるけど、誰?”的な雰囲気からは脱しきれず。今更ながら「アイドルって何だろな」と思ったりした。少女時代KARAが日本でウケた背景には“韓流ブーム”からの流れも勿論あるし、実際はネット+口コミの相乗効果がかなりあるみたいだけど、実は一番大きいのは“フツーの人がフツーに見られる(雰囲気がある)”ことじゃないのかと。少女時代のショーケース見に行ったとき、門前仲町から乗った都バスで後ろに並んでたのが白人男性と日本人女性のカップルだったんだけど(ホントに「有明テニスの森」で降りてビックリ)それが凄く自然に見えたんだよね。今の日本のアイドルって最初から設定したターゲットへまっしぐらで、それでも維持できるくらいのビジネスにはなっちゃうから無理してまで世間に拡げていく気がない。台湾も日本と似たような傾向はあるけど、テレビが“宅男(おたく)女神”とか言ってゴールデンタイムのニュースやらバラエティやらで取り上げてもいるので世間との接点は一応あるし、出てくるタレントさん達も意識してるように見える。この差は現時点でも大きいし、これからもじわじわ拡がっていくんじゃないか。そういう危機感を(スタッフが)どこまで意識してるかで、日本のアイドルがアジアで生き残っていけるかどうかが決まると思う。5月の「アイドルフェスティバルinヒビヤ(2部のみ)」を見た限り“外に出せる”感じなのは東京女子流ぱすぽ☆くらいかな(歌だけならバニラビーンズも)。
いろいろ言われる韓国のアイドルグループだけど、その仕掛けのしたたかさ(マリーシア的な部分も含めて)はもっと見習うべきだと思うのだ。

« “キブン”が理論を駆逐する現在(いま)を超えて | トップページ | AKB48“無修整写真”流出ルートに関する一考察 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4025/52455667

この記事へのトラックバック一覧です: “アイドル”とは何に対して放たれる存在なのか。:

« “キブン”が理論を駆逐する現在(いま)を超えて | トップページ | AKB48“無修整写真”流出ルートに関する一考察 »