« 載りますた。-2 | トップページ | 4月1日ですが。 »

2010.02.12

7日のこと。6日のこと。

少し遅れましたが「KARA 1st Showcase Live in Japan 2010」@赤坂BLITZ参戦の皆様、お疲れさまでした。

17時〜の公演、1階下手側中程に位置してました。周辺は当日のMCにしていち早くKARAにハマり自身の番組でインタビューを行った経歴を持つ鷲崎健氏経由な人の一団(チケットを譲った方がその中に)、その前方はKAMA(新宿2丁目系ダンスコピーグループ)な皆様。あとは…とにかく女子が多い!開場待ちの列見た瞬間から頭の中で(?)がぐるぐる。耳ダンボで会話聞いてもBIGBANGSS501辺り経由かなぁと推測はできても確証は得られず。とにかく“ヲタ臭い”雰囲気ほぼ皆無。小ぎれいなコートの上に限定タオマフかけてる20代前半ぽい方とかいて。ピンクのワンポイントをあしらってる方もチラホラと。分かってるなぁ…
開演直前には劇団ひとり大沢あかね夫妻がホントに1階フロアに来場したらしく“ひとりコール”が起きる。その騒ぎが収まった直後に場内暗転、緒注意アナウンスの後…「皆様と同じくKARAを愛する女の子たちのステージをお楽しみ下さい」(?)…「Mister」イントロに続いて女の子3人が登場!…わ、衣裳が同じ!んで結構上手い!上手いけど…ステージが意外と遠い…(そこか)事情が飲み込めないうちに曲は終わり、入れ替わりでMC鷲崎健氏登場、場内ほどよくあっためて、んで…KARA登場!わーキター!というか(ホントにいるわ…)というか。今までMacの画面の中でしか見れなかった彼女たちがここにいる!っていう事実に感激する。なんかハラが凄まじく美しいんですが…

結局唄ったのは「Honey」「Rock U」「Wait」「トゥカトゥマ(同じ思い)」「Wanna」「Mister」「Pretty Girl」の7曲。まぁ“Live”とは銘打っても実質ファンミなのは織り込み済。恐らく現時点のステージ用の持ち歌全曲披露でしょう。旧正月明けからニューアルバム活動開始ってタイミングでは限界かと。リップシンクか生歌かは判別しづらかったですが、少なくともソロ部分は全編生歌だった感じ。だとしたらジヨンやるじゃん!歌番組の映像とか見ると心許ない感じだったのでちょっと驚き。
MCではギュリが日本語でも“女神キャラ”を押し通す展開になって反応に困る…本格進出してもやるんでしょうか。で、ギュリとスンヨンは終始日本語だけでトーク。むしろ韓国語で話す姿が見たかったくらい。そしてどこまで台本でどこからアドリブか分からない日本語コントモード発動には笑った。ニコル・ハラ・ジヨンがギュリ女神につつーっとすり寄ってスンヨン孤立とか…設定いいのかそれで?(笑)「うたばん」でタカさんが嬉々としてツッコむ姿が浮かびました。ニコルとハラは割と淡々とした感じ。そしてジヨン、日本語つっかえて「んん〜っ」ってなるところとか細かい仕草がいちいちキュートで、正しくマンネ(末っ子)でありました。
バレンタインということでチョコレートに手書きのサインを書いてプレゼントなんて企画もアリ。入場時に“好きなメンバー別”で半券を回収してたのはこれのためか!ニコルにしましたが「2階席です」の時点で撃沈。そして選ばれたのが全員女性(笑)。昼の部も男性は一人だけだったそうで、せっかく考えた愛の言葉もやや調子外れか。ギュリ様の「あなただけの女神になってあげるわ」も空振り感は否めず。てゆーかギュリ様がずっと傍らにいたら落ち着かないというかリアル “おはようからおやすみまで暮らしを見つめるライオン”な気が(イミフ
一部のファンの「“公式応援”を日本でも」って企画が隅にいると分からないような空振り感だったのは残念でしたが、これはこれでコアヲタがコントロールしきれないくらいたくさんの方が来たってこととも言えるかな。黄色い歓声の多さに、あくまで推測の域ですが「冬ソナ」辺りからのステレオタイプな“韓流”とは違う“K-Pop女子”とでも呼べそうな層がいるのかな…という思いは強くなりました。
ステージ終了後は握手会。どうも昼の追加公演と動線が違うらしく出入口付近は大混雑。素直にステージに机持ち込んでやりゃいいのにと思いつつ、列が落ち着いてきたところで合流…いた。剥がし担当のスタッフが…やばい久々だこの感覚(苦笑)何言おう…とにかく一つ言いたいことはできたんでそこは確実に。ニコルに 「Thanks to coming Japan!」ニコル「(何か言ってたけど判別不可)」スンヨンとギュリはあっさり流され何も言えず。そしてハラ…流されながらかろうじて一言「ギュリより女神よ」ハラ「えっ?」顔に思いっきり?マーク。あーこりゃ…と思ってたらそこにマンネ。ものすげー消化不良。つーか普段行くとこが密着度高杉。小野真弓は奇跡(あのコは凄い。話のネタが続く限り握手したまんま…)

何だかポカーンとしたまま、しばらく外でうろうろ。流れで御大ブロガー諸氏と合流し談笑してると…「あれ、さっきのコたちじゃ?」ホントだ、オープニングで踊ってたコたちがロビーで衣裳のままうろうろしてる。その近くには質問コーナーで使ったホワイトボード…「ここで一緒に記念写真とか撮るとか?」とか話してたら気付かれてピースとかされる。さぁ本物いつ来る?と思ってたら道路付近でたむろしてた皆様が一斉に凄い勢いで走り出した!KARA待ってたんかい!呆然。笑っちゃうくらい一気に閑散としたBLITZ周辺。取り残されたのは我々と韓国からの遠征組(「Pretty Girl」の“ゴム手袋公式応援”発案者もいらしたとか)。とりあえずあのコたち来るまで待ってるか…としばし待ってたら…来た!すかさず声をかける我々。そして「写真撮ってもいいですか?」「はい、いいですよ!」で撮影会スタート(をい)。コートの下はあの衣裳のまま。寒空の下10分くらい付き合ってくれました。感激。
J_kara
神戸在住の女子高生3人組。陸上部の友達どうしで(ゆえにこの腹筋!)芸能プロとかダンススクールに通ってる訳ではないみたい。それであんだけ踊れてノリもいい…3人ともmixi入ってるって話から一気にコミュ作成まで話が進み(笑)さらに握手会まで!(爆)お見送りした後こちらも解散。虎ノ門のパスタ・デ・ココに行くつもりでしたがじゃんがら赤坂店の前を通ったら店員さんと目が合って予定変更(笑)。結果的には正解。あのままずっと歩いてたら間違いなく風邪ひいてた…てゆーか、既に軽くひいてたっぽい。

…とまぁここまでは各所に様々な方がアップされてるのと同じライヴレポな訳ですが、その前夜にちょっとやらかしてしまいまして。そのことを弁解も含め、書き残しておきたいと思います。ある意味ここから本編です(苦笑)

6日は会社にいました。一応課題が出てたのでこなしつつも、基本的には非番だし他に誰もいないから当然サボります(苦笑)で、ネット徘徊しながら(そーいや今夜は劇団ひとりのラジオあるんだっけ)と思って番組公式サイトへ。そしたらメールフォームがあったんで「Mister」をリクエストしつつ「明日はKARAのライヴですね」「いつもPretty Girlのことばかり言ってるけどWannaやMisterは好きじゃないんですか?」的なことを書き(当然手元にデータ残ってないからうろ覚えです)住所を入力しない代わりにケータイの番号を入れて送信…と、これが全ての始まりでした。

19時前に会社を出て、明日は午後から動くし帰るの少し遅くてもいいかと思ってFM富士のサテライトスタジオへ向かうことに。代々木駅で降りて近くのラーメン屋で家系喰った後、坂を下りてスタジオ前へ。原付で何度も通ったことあるけどそこが目的で行くのは初めて。寒空の下、熱心そうな方が数名チラホラと。寒いのでどっか中で…と思い坂を下りて旧フジタヴァンテ(現グラクソ・スミスクライン本社)近くのコンビニへ。iPhoneで♪あぃうぉなごぉーしっ(ぐぅぁー)とか聞いてたら突然フェードアウトして…着信が。見た覚えのない番号…とりあえず出てみた。「あのー、『劇団サンバカーニバル』のスタッフの者ですが…」はいはい。(プレゼントの発送先の確認かな?)「実はですねー、番組(内の“TOP OF VOICE”というリスナー参加コーナーに)に出て頂きたいんですよ」

は?

「メールにKARAのこと書いてあったじゃないですか。なので、ひとりさんとKARAの話とかして頂けないかなと…」ていうか出演依頼が本番開始30分前ってどーなん?と思いつつ見に行こうと思って近くにいることを告げると「じゃあぜひ来て下さい!」ってことになりスタジオ前に戻ることに。その途中でtwitterに打った第一報がコレ。今思えばこれが混乱の元。

緊急速報:もしかしたら劇団ひとり氏とKARAトークすることになるかも。FM富士聞ける人は聞いて!21時前後予定らしい。

そしてスタジオ通用口前でスタッフ氏とご対面。コーナー開始時間(21時すぎ〜)や叫ぶ言葉(音量ではなく声の高さを競うコーナーらしい)などを確認。そしてスタジオ前に戻るとほどなく本番スタート。外向けのスピーカー類がないのは意外でしたがスピーカー付のポータブルラジオを持参してる人がいたので放送自体は聞けました。よく見るとスタジオにはKARAのポスターやカレンダーが飾ってある。そして1曲目が「Pretty Girl」って…ホントに好きなんだなぁこの人、スタジオ私物化だ(笑)そして「いやぁ、明日ですよ明日」てな感じでKARA話になる訳ですが(前々夜祭にご本人様降臨の件も知っていた…)アシスタントの食いつきがイマイチ。洗脳されてないのか…(苦笑)その後ゲストのたむらぱんさん入室。この頃からKARAな方々が集まり始めます。twitterのタイムラインにも「代々木に向かいます」的な書き込みが散見されるように。この時点で気付くべきだったのですが全く気付いてません!(苦笑)ポータブルラジオな方はたむらぱんファンだったようで帰られてしまうのですが、スタジオ前で助け合って(笑)何とかモニターしてる間に21時すぎ。出番です。10人くらいKARA目当て(詳細は後述)な方々が集う中、スタジオのガラス越しに劇団ひとり氏とトークする形に。以下こんな感じ。最早うろ覚え以下なのであくまでもイメージで(を

劇団ひとり「もしもし、kimarokiさん」
kimaroki「あ、はいはい、こんばんわ」
劇「あ、そこ(スタジオ前)にいるんだ。今日はまた、どうしてここに」
k「いやぁ、明日が明日なもんで、どうされているのかなぁと思いまして」
劇「明日…いよいよですね…何ですか明日」
k「…東京女子流1stライヴの日です」
劇「違うでしょ。何ここでボケてるんですか(マジ目線で睨まれた)
k「KARAの…ショーケースライヴですね」
劇「そうですよ!」
k「やー、きましたねいよいよ」
劇「なんかスタジオの前にいっぱい来てますねぇ」
k「twitterで書いたらフォロワーのフォロワーのフォロワーみたいな方まで来ちゃったみたいで…昨日(KARA)見た人もいますよ」
劇「わーいいなぁー」
k「TVカメラが入ってたんですよ。その関係で知ったと思うんですけどね」
劇「KARAはどうやって知ったの?」
k「僕は…Honeyからですかね。友達でアイドルの曲かけるクラブイベントでDJやってる人がいて、その人が他の人のセットリスト見せて“この曲知ってる?”って。そっから入って、最終的にはMisterですかね。お尻ダンスとか」
劇「お尻ダンス!流行りましたよねー」
k「プロ野球の始球式のときマウンドで尻振るとスタンド沸く!みたいな」
劇「僕はPretty Girlからですね」
k「スタジオの中、凄いですよね」
劇「これ全部自分が買いましたから。CDも30枚くらい買ったのかな?やぐっちゃんにもあげたでしょ、嵐のメンバーや小倉さんにもあげたし。スタジオにも置いといたの、他の番組でもかけてもらおうと思って。KARADISEも8個買いましたよ。ビビる大木君にもあげたし。知り合いからも1個もらったから9個か。買いました?」
k「買いました!っていうか、タワレコのポイントがちょうどそれくらいあったんで総動員して」
劇「それは良いポイントの使い方ですね。でね、僕は今、韓国語を勉強してるんですよ。kimarokiさんはどう?そういうの」
k「ん〜ウチはそういうのは…韓国だけじゃなくてアジアのポップスを聞くので」
劇「neko jumpとか」
k「(そうきたか)や、それはあんまりなんですけど…黑Girl(ヘイガール)って台湾のアイドルのイベント見に台北行ったことありますね」
劇「すげーなーそれ」
k「…あのー、なんかスタッフの方が巻きじゃなくて(手で)×ってやってるんですけど」
劇「ちょっと待って!あのさぁ、こうやってKARAの話できる人ってなかなかいないからさぁ…えーとですね、異例なんですけど、一旦コマーシャル挟みます」
スタッフ(電話口で)「どうもありがとうございます。じゃあ引き続き電話切らずにお待ち下さい」

…ホントにいいのかこれで?(苦笑)本来はこの尺で“TOP OF VOICE”コーナー全てが終わるんでしょう。こっちも喋ってるうちにテンション上がってきて大変。会社の人には見せられない醜態。で、CM明け。

劇「それでは、何という言葉でチャレンジしますか?」
k「えー、KARAの公式応援でですねぇ…」
劇「(アシスタントに解説する感じで)あのね、公式応援て…kamiliaの…ファンの間で決めた、そういうのがあるの」
k「それの最後で“(ナントカカントカ)カラチャン”ていうのがあるんで、カラチャンで」

…で、その後「カラチャ〜ン」ってキンキン声出して先週のチャンピオンに勝利。13日も同じ声が流れます、多分。そして最後。

劇「明日はどっち見るの?昼と夜」
k「夜です」
劇「おー!俺と一緒だ。あのー明日は劇団ひとりじゃなくて川島省吾(本名)として行くからさ。帽子かぶって地味にしてるから、そっとしといてほしい」
k「分かりました。楽しみましょう!で、いい思い出作ってもらいましょう、KARAに」

15〜20分くらいでしたか。その後も番組は続き、終了。その後、アシスタントのお二人が現れご挨拶…というか二人が目当ての常連さんがいてびっくり。
Assisthitori 左:重盛さと美さん/右:うえむらちかさん
その後ひとり氏も顔を出してくれて皆で軽く立ち話してくれました。その後解散、はぁ〜面白かったとか能天気に思いながら総武線の中でtwitterのタイムライン読み返して…呆然。

「正解ッッッ!!! RT @****: "劇団ひとり氏とKARA"トークする → 劇団ひとり氏と"KARAトーク"する なるほど・・・」

頭の中真っ白。だから皆来てたんだ!ひとり目当てじゃなかったんだ!なんで気付かなかったかなー自分…激しく後悔。慌ててお詫びの返信やらRTやらツイートやら。(明日KARA見に行ってもいいのかな)とか、一瞬死のうかとさえ思ったけどチケット譲渡が現場渡しだし、何より思った場所がTX秋葉原駅の改札だった(苦笑)そしてTX車内でiPhone電池切れ。アプリの動作が終わったら勝手にシャットダウンするのね。

改めて今回の件でご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます。twitter上の件は勿論ですが、番組スタッフ様にも進行を乱してしまったことをおわび申し上げます。21時台後半で出演されたお笑い芸人の方(名前忘れてしまって申し訳ない)も出番削られたでしょうに…ごめんなさい。後で「皆ナーバスになってたからね。昨日ああいうことがあったから…」と言われたのですが、そこまで考えが及ばなかったことと、最初のツイートがあまりに情報不足だったことが原因だったと思います。そして暖かいお許しのお言葉をいただき感謝しています。今後は気をつけますので、引き続きお付き合いいただければ幸いです。

« 載りますた。-2 | トップページ | 4月1日ですが。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4025/47528261

この記事へのトラックバック一覧です: 7日のこと。6日のこと。:

« 載りますた。-2 | トップページ | 4月1日ですが。 »