« ただいま口内リハビリ中。 | トップページ | これで「生き残った」と言えるのか? »

2006.04.17

世界中が疲れている…のか?

金曜日の『A'll that RADIO』でDaniel Powter「bad day」をかけた後に赤坂泰彦氏が言ってたんだけど、ビルボードのシングルチャートで3週連続1位になったそうで。なんかすげーな。台湾のHIT FMでも「bad day」のCM流れてたし(^^)
2カ月前には知るキッカケさえなかったこの曲、そして
実は昨年ヨーロッパ各国で大ヒットして、アメリカでも有名オーディション番組『アメリカン・アイドル』のエンディングテーマに使用されたりしてたんですね。全く耳にすることがなかったというのはどういうことなのか。いくらここ数年“洋楽不振”だからとはいえ…

「bad day」の邦題「バッド・デイ〜ついてない日の応援歌」はいくらなんでも…とも思うのだが、彼の歌の(トータルの)世界観を説明するのには格好のタイトルであることも間違いない事実。それにしても、世界中で彼の歌がウケるということは、翻って世界中が同じ悩みを抱えているということでもある。何と言えばいいのか…“報われない感”みたいな?そういう虚しい感覚がグローバルに広がっているのではないか。そんな気になる。

彼、来日してたんですね。『TOKIO HOT100』のエンディングを偶然iPodで聞いて新大久保駅前でボーゼンとしてました…番組サイト内にインタビュー掲載有。「bad day」生で歌ったんだと!

« ただいま口内リハビリ中。 | トップページ | これで「生き残った」と言えるのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4025/9636395

この記事へのトラックバック一覧です: 世界中が疲れている…のか?:

« ただいま口内リハビリ中。 | トップページ | これで「生き残った」と言えるのか? »