« おばさんの命日、か… | トップページ | (業務連絡(?)) »

2006.01.20

確信を持っていけるかどうか。

↑ではないかな、と。
プロフェッショナルとアマチュアの差は。

…と謎かけをしておいて(?)、それにしても驚きましたよ。“完全撤退”ですからね。
ヨドコムまでこんなページ作っちゃってます。
言うまでもなく、ストロボ内蔵カメラは旧コニカが最初(ピッカリコニカ。かろうじて“ストロボを内蔵してないコンパクトカメラが存在した時代”に引っかかる30代後半(^^;;)。そして、AF一眼レフは旧ミノルタが最初(α-7000。写真用品ショーで触って感激した記憶があるなぁ。カメラショーは言うまでもなく黒山の人だかり)。そういうメーカーが淘汰されていく時代…か。
まぁ、一眼レフはそれなりの設備とノウハウが必要ですから、研究開発スタッフの中にはソニーに移る者も出てくるでしょう。それはそれでいいとして、将来ネックになるんじゃないかと個人的に心配なのがカメラのマウント。旧ミノルタはα-7000発売にあたってそれまでのMマウントから電子接点付きのAマウントに一新した訳ですが、しかしこのマウント、電子接点以外のメカニズム自体は大して新しくない。AFはボディ内モーターからのシャフト駆動が基本(レンズ内モーターにも対応)だし、絞りもマウント部からのレバー制御という機械的なもの。その旧式なメカニズムを“like.no.other”ソニーが継承しなければならなくなったという皮肉。多分ソニーの技術者は頭抱えてるんじゃないかと(^^;;そしてフォーサーズ陣営(一応完全電子接点です)のパナソニックは胸をなで下ろしてる…のか?

『とくダネ!』のオープニングトークで小倉さん取り上げるかと思ったんだけどな。

« おばさんの命日、か… | トップページ | (業務連絡(?)) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4025/8243975

この記事へのトラックバック一覧です: 確信を持っていけるかどうか。:

« おばさんの命日、か… | トップページ | (業務連絡(?)) »