« 何なんだ大泉洋(とオフィスキュー) | トップページ | 『中井正広のブラックバラエティ』が、 »

2005.10.21

散文でお茶を濁そう。

誰かリーダーに教えてやって下さい。(10/18の日記を参照)
31年前、千葉ロッテマリーンズなんて球団はなかったってことを。
当時はまだ「ロッテオリオンズ」。チーム公式サイトによりますと、監督は金田正一氏、本拠地は東京スタジアム(勿論、現・味スタではない…どこにあったんだ?)と県営宮城球場(現・フルスタ)。現体制になったのは92年から。ちょうどジェフユナイテッド“市原”が誕生した年でもあったような気がします。まぁ「千葉ロッテ〜」と名乗ってはいても今でも練習設備はさいたま(旧浦和市)にあるんですが。盛岡時代、帰省途中の東北新幹線から不思議な気分で眺め続けたものですが、あの“世界一の応援”の背景にはレッズサポとの交流があったそうですから短絡的に否定する訳にもいかないし…

どーしてもスクロールするマウスが欲しくなってMighty Mouseを買ったんだけど、結構扱いがシビアなのね。ユーティリティソフトの設定を変えて頻出しないようにしたものの、左右のボタンがハッキリと区切られてる訳じゃないから、ちょっと油断すると右クリックになってコンテクストメニュー出まくり。ホイールのすぐ後ろ、“マウスの腹”で押すのが一番いいみたいだけど、ポジション的には最悪だったりするから困る。

どーしても欲しくなったといえば木村カエラの新曲だったのだが、それと一緒に買ったクラジクアイプロジェクトの1stアルバムも予想通りとはいえ、なかなか良いよ。日本語公式サイトによると元ネタはジャミロクワイだそうですが、ということはファンタスティックプラスティックマシーンも…か?いやもう僕なんかこれ最初に聴いたとき「あ、ファンタのパクリだ」と思ったくらいですから(^^;;…まぁ、田中氏に褒められてるんだからいいか。あ、ローラーコースターぽくもありますね。そーゆーラインからアシッドに入ってく自分って何者?(^^;;

父からのメールで曰く:
>なおこのあいだはじめてプログというのを開いた見たがなんのことやら
>さっぱりわかりません。ただあなた自身の目標を見失わないように。
分からなくていいです。
引っ越し済んだら不要になった旧スキャナ強奪にお伺いしますのでよろしく。

そういやこのブログ、アクセス解析によると毎日200〜300のアクセスをいただいてるようですが、記事のアクセスで一番多いのが「芸能・アイドル」カテゴリで、リンク元を見たらgoogleのイメージ検索から飛んできた跡がどっさり。すまないねぇ、しょーもないイベントの写真ばっかりで。(純粋な)撮影会って公開したら出入り禁止が大原則なので、デジカメ買って撮りに来なさい。今ならデジ一眼が69800円で買えるぞ(大泣)。

スフィアリーグですか…

Qlairのコンプリートボックスが出るという時点で世の中そーとー腐ってると思うんだが、まっくす氏によると「新たにレコーディングした新曲(ボツ曲)が入る」とな?何だぁそりゃ。

「小川あさ美」というAV女優がデビューするらしい…が、コンコンにもマコにも似てないのはどうしたものか。

週刊新潮の“「恫喝自慢」が大手を振る「ブログ」という名の無法地帯”という見出しが気になって立ち読みしたが、案の定たった二つの例を強引に伸長させて記事にしただけの代物でした。ネタに困るとこんなんばっかだな>週刊新潮&同類他誌編集者の皆様。全員ホリエモンを嗤う資格ナシ。ついでにサイゾー様、MEGUMIの本名が載ってないよな気がするんですがね(^^;;単なる見落としであることを切に願いますが。

…という訳で、一昨日から書き散らかしてた文でした。
これから出勤です。今日は某パチンコ屋のチラシやらPOPやらの校正。拘束時間ばかり長いので、何か有効な暇つぶしを考えなければ。

« 何なんだ大泉洋(とオフィスキュー) | トップページ | 『中井正広のブラックバラエティ』が、 »

コメント

おひさしぶりです。ちばテレビのL字すごいですね。災害報道でも使わないのでは?
東京スタジアムは、かつて荒川区南千住にあったもので、跡地は荒川区総合スポーツセンターとなっております。「光の球場」でヤフって下さいませ。
当方の近況。派遣先で責任ある立場に就き(といっても給料増えず)会社と自宅を往復する毎日。携帯電話を解約するも不自由はなし、といったところです。つまり貧乏ヒマなし。以上。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4025/6497682

この記事へのトラックバック一覧です: 散文でお茶を濁そう。:

« 何なんだ大泉洋(とオフィスキュー) | トップページ | 『中井正広のブラックバラエティ』が、 »