« 【イベント】天海麗@明治書店神田店(05.8.27) | トップページ | そーいえば(TX余談) »

2005.08.28

気がつけば3日連続秋葉原。

木曜日。会社全体の“台風来るぞ早く帰らなきゃ”モードに乗じて定時で上がりつつ、この日のメインは御徒町で閉店間際の燕湯につかった後、秋葉原つーより御徒町だろココなマンションスタジオこのコの撮影会。ガチガチにコスッたモデルさん直々にお出迎え?と思ったら管理人さん外出中とのこと。しかし、最早マンションの一室通されても動じなくなった自分ってどうなのよ。さて管理人さん(女性!)戻ってきて前のセッションも終わってカメラマン氏帰…らない…3部通しアーンドfrom静岡(!)とのこと。装備も段違い。あちらはEOS-1D+大口径ズーム(多分これ)+外付フラッシュ(多分これ)+外部バッテリー(これかなぁ…)の重装備、こちらはE-300+標準ズーム(フラッシュは内蔵のだけ)のお気軽セット。凄いなぁ…装備と連写にすっかり萎縮しちゃってどーするよ、ったく。しかしそれより何より頭痛かったのは自宅帰ってeMacで画像開けたらこっとごとくボケてるんだよ!こりゃ参った。A4でプリントアウトできる写真が1枚もありゃしません。自分の部屋撮ったらピント合ってたので、やはり暗いorコントラストが低い被写体にウチのAFはトロいのか、それともレンズが暗いのか…シグマさん、早くフォーサーズ用出してくださいよ。マジお願いします。泣きそうです。雨は思ったほどでなく、御徒町からフツーに帰宅。

tx_akiba-2金曜日。結局この日も定時で上がり、引っ越し候補地偵察を兼ねてTX=つくばエクスプレス初乗り。山手線を降りてからTX改札口までたっぷり7〜8分。さすがに深い。切符売場こそ混雑してたが列車に乗れば19時半すぎにして座席が埋まる程度の乗車率…ま、定期客の移行はこれからでしょうから。1940発の区間快速に乗車。一応鉄チャンなので最前列にかぶりつく(^^)。北千住までは最高60〜80km/hくらいと遅め(注:速度は運転台メーター読み)。北千住を過ぎると俄然強め(違)110km/hまで一気に加速して青井通過、更に125km/hまで加速してそのまま六町通過。南流山まで約23分。夜だからあまり意識できなかったが、地上に出てたのは北千住駅前後と六町〜南流山だけ。南流山進入手前で一気に降下しながら(なんでここで潜るねん)と思ってしまう。正直、速達性はあまり実感できなかったのだが、TXできるまではエアポケットみたいな場所だった訳だから、昔から住んでる人にとってはすげー進歩なんだろうな。JRに比べると運賃高いっちゃ高いけど、でも北総線よりはずっと安い(苦笑)因みに写真はホーム先頭部分。ホームのモニタは室外設置なのね。目黒/南北/三田線の室内モニタ吊り下げver.にはカルチャーショックさえ憶えたものですが…運転台の真横のモニタはやや意味不明。映ってるのホームだし。

土曜日。新松戸駅前の某不動産屋へ行き、ネットでチェックしてた南流山駅近くの物件を見学に行くも大家さん不在で中は見れず。それなりに区画整理はされているが全体的にはのどかな印象。その後、松戸駅前の某マンションスタジオ(もう4回目ですな)でこのコと1vs1撮影会。今日は意識して会話を多めにしてみる。もっともオサーンのグチに終始しがちなのがなんとも。17歳の女子高生(正に“はるかセブンティーン”だ!)には荷が重かったかもしれん。スマヌ。後半ではややエロめのポーズも要求してみたり。どうもそういうのが自分の芸風になりつつありそうな悪寒がひしひしと。もひとつの課題=ピンボケ解消は後でゆっくり確認しましょ。まぁ木曜よりはマシっぽいけど。終了後一度帰宅した後、バイクでイベントに出かけてすぐ帰るつもりが3時間弱もかかりやがって(褒め言葉です)さて晩飯どーするべと思いながら電気街突っ切って蔵前橋通りとの合流まで来たところで(あ、あんかけスパ喰うべ)と思い立ち、パスタ・デ・ココ末広店へ。ココイチより好きかもしれん。つーかあの「グランドマザーカレー」を食してしまった後ではココイチのカレーってどっか物足りないんだよね。

そんな感じで3日連続アキバ絡みの日が続いたのですが、はてホントに南流山に引っ越すとしたら毎日こんな感じになるのでしょーか?う〜ん。

« 【イベント】天海麗@明治書店神田店(05.8.27) | トップページ | そーいえば(TX余談) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4025/5669294

この記事へのトラックバック一覧です: 気がつけば3日連続秋葉原。:

« 【イベント】天海麗@明治書店神田店(05.8.27) | トップページ | そーいえば(TX余談) »