« 今期初モンテだった訳ですが。【J2第13節・ヴァンフォーレ甲府vsモンテディオ山形】 | トップページ | 【イベント】峰なゆか@秋葉原ヤマギワソフト(05.06.11) »

2005.05.23

シンガポール写真雑記(その4:5/7編)

「アクセス解析」でリンク元を辿っていたら、19日のNTV『きょうの出来事』で秋葉原のアイドルイベントに群がるヲタのことを取り上げてたことを知った。
別に今更驚くような話でもないだろう。同じDVD2枚買って2ショットポラもらうとか1日に何本もイベントのハシゴするとかそんなに変か?バブル華やかりし90年前後、アイドルイベント通いに精を出してたウチらと大差ないじゃない。アイテムがシングルCDからイメージDVDに、場所が銀座三越屋上や池袋サンシャイン60噴水広場や新宿NSビル時計広場から石丸電気SOFT1イベントホールやヤマギワソフト8階やラムタラ6階に変わった(会場の秋葉原集約傾向が強まった)ってだけの話でしょ。根本にあるものは大して変わってないさ。いつの世にもそういうヤツはいるのが分からん…だろうなぁ優等生クンには。

ところで。
シンガポールで買った、台湾の3人組アイドルグループ・S.H.E.のライブ盤を聞いている。
店にはVCD3枚組とCD2枚組があって、VCDは自宅で見れないからCDにせざるを得なかったんだけど、これはこれで良かったんかなぁとも思う。何より生バンドなのがよい。ハロプロのライブがカラオケなのは「CDの音を完璧に再現できないから(byつんく♂)」とかいうもっともらしい理由があるらしいんだが、そりゃウソだ。ライブならではの声のグルーヴにはやはり生のドラムの音が似合う。たとえ生でカヴァーできない音をHDやテープでフォローするとしてもリズムセクションが生なら、音全体のグルーヴ感がまるで違うことを改めて認識。映像でごまさせないライブCDだから感じられたことだろうな、きっと。
ハロプロのライブなんて、客の喚声に対抗してどんどんカラオケの音おかしくなってしまいにゃ割れてるもん。クオリティもへったくれもないじゃん。

おまけに。
DVDラジカセが壊れました。DVDやCDをかけてる途中で勝手に一時停止するわ音が切れるわ連発じゃ話にならん。去年の秋頃にも同様の症状は出てたんだが修理出すの面倒がってるうちに自然治癒してたんで今回もほっといてたんですが、甲府vs山形の帰りに閉店間際のヨドバシ本店でDVDプレーヤーコーナー覗いたらすっかり安いのな。1万円ちょいで12bitプログレッシブ買えるんならそっちでいいべ奥行も20cmちょいなら出窓も楽勝じゃん、ってことでデビッド切って即決。あぁやっぱ専用機って快適、ってかたかがラジカセに今まで期待しすぎか。という訳で当分はDVD→DVDプレーヤー、CD→eMac、ラジオ→目覚まし時計ってことで、何かもうこれでよさそうな気もしてきた。そうすっと出窓にプリンタ用のスペース捻出できてやっぱエプソン?みたいな(やはりオリンパスのカメラ+キヤノンのプリンタって無理がありそうな気がしてきた…)

ようやく本題(もはやオマケ状態だなこりゃ)。

07-01
シンガポール滞在4日目。姉も一度乗りたかったというマレー鉄道に乗るべく二人でマレーシアへ。Woodlandsで出国チェックを受けた後、徒歩で橋を渡ってJohor Bahruに向かいます。マレーシア側からシンガポールに向かうクルマの多いこと!シンガポールで働くマレーシア人も多いそうで、入国チェックでは自動改札風の機械で自動イミグレーション?ですよ。どうやら機械でパスポートの透かしチェック&予め登録した指紋照合をしてるっぽい。ところで写真の通りに左側の道を進んでくとノーチェックでマレーシア入りできてしまいます。焦りましたわ。セキュリティ大丈夫なのかマレーシア。
で、向かって左側はおっきなビル林立のジョホールですが…
07-02
Johor Bahru駅はこんな感じ。古い。向こうに見えるのはどうやらホテル。その間にはバラックのような建物が。因みにこれ撮ってるデッキは近代的なショッピングモールに連絡してます。何というコントラスト。列車が来るまで時間があるのでちょっと寄りましたが、フツーにクレジットカードのキャンペーンやってるし、ウチに声かけてくるし。観光客に見えろよ(^^;;
07-03
定刻になっても列車は来ず、なんと30分遅れで到着。アナウンスの類全くナシ。そもそも始発駅の次(途中イミグレーションもありますが)の駅に30分遅れってどうなのよ。
DL(3軸+3軸台車)+電源車+客車4or5両+荷物車。客車内は全席向かい合わせ方向固定のロマンスシート(TGVやKTXと同じ)、風情は日本風に喩えるなら“大味な14系客車”てなところか。ドアは手動、開けっぱなし状態でデッキにたむろする人多し。一応クーラーつきだが不調らしく車内はちょっと暑い。車内のアナウンスも全くないため駅名票を気にしたりもしてたが、景色の単調さと睡魔には勝てず二人ともうつらうつら…もしや寝過ごした!?と思ったところで駅名票に「KLUANG→」の文字が。どうやら次の駅らしい。あぶなかった…
07-04
で、約40分遅れでKluang駅に到着。ジャングル地帯にちょこっと開けた中都市の趣。駅前から一直線に伸びる大通りが名寄っぽい。
07-05
復路のきっぷを購入したら、どうやら40分強しか時間がない。その次の列車まで4時間。ちょっとそれまでは…(^^;;ということで足早に街中へと向かいます。
07-06
中心街と思われる場所までとりあえず。信号がない!向こうには大きなキレイそうなホテル、その近くにはマクドナルドの看板が。こんな街でも確実に都市化は進んでるってことですかね。昼食くらいは…てことで通り沿いの食堂へ。チキン(のせ)ライスとチャーシュー(のせ)ライスを注文。久々にタイ米の白飯を食べた気がする。
07-07
↑こういう路地とかも散策したかったんですが…またいずれってことで。
07-08
↑HOTELって書いてあるからには旅館なんでしょうが、セキュリティ悪そうだなぁ…とか考えてしまう自分が少し悲しくなってみたり。いいじゃないですかこの怪しさ、こういう宿に泊まってこそ旅というものですよ。ねぇ。

出発時刻ちょうどに駅に駆け込んだら、案の定来てませんでした。救いは一応アナウンスがあったこと。待つこと約20分、再びアナウンスがあったと思ったら、来ました、往路と同じような編成の列車が。
07-09
07-10
07-11
07-12
せっかくなのでデッキに出てみました。何枚か撮りましたが、延々と単調なジャングルの景色でした。駅の周囲だけ建物がチラホラとあって、あとは延々これです。あぁ何か開けてきたなぁと思ったらJohor Bahruでした。帰りはこのままシンガポールまで行ってしまいます。審査官が入ってきて車内で出国手続。Woodlandsで一旦降りてイミグレーション。バスなどで目的地に向かう人も多いようで、列車に戻ってきたのは半分強といったところか。
07-14
えらく立派な作りのSingapura駅。でもKuara Lumpur行は1日7往復ですから。残念。因みに到着はほぼ定時でした。どんな余裕時間設定なんだ(^^;;多分、荷物の取り扱い用に多めに時間を取ってるんでしょう。
07-13
往復とも座席がほぼ埋まるくらいの混雑ぶり。マレー鉄道に観光路線という感じはなく、貨物列車の合間を縫って旅客列車が走るという感じでもなく、基本的には生活路線に思えました。車内には携帯電話で話してる人もいたし(勿論「通話はお控え下さい」的な案内の類なぞありません。シンガポールもそうですが)本数が少ないから日本人の感覚では色々と考えてしまうだけで、ホントにフツーの生活の足なんでしょうね。夜行だったらまた違う雰囲気なのかもしれません。次回はKLへorKLから夜行で、という話を姉としていました。

余談ですが、Kluangの次の駅で一旦発車した後すぐ停車し、列車がバックを始めました。オーバーランという感じでもないし、何か荷物の積み忘れでも?と思っていたら、駅に戻って数分後、急行列車が隣の線路を駈け抜けてゆきました…一瞬、頭の中で「日本人観光客がいる模様です」とか何とかニュースで取り上げられ、ワイドショーでさんざバッシングされる自分を考えてしまいましたよ。こんなんまで自己責任扱いされたらちょっとたまったモンじゃないよねぇ…

« 今期初モンテだった訳ですが。【J2第13節・ヴァンフォーレ甲府vsモンテディオ山形】 | トップページ | 【イベント】峰なゆか@秋葉原ヤマギワソフト(05.06.11) »

コメント

まいど。
メアドは相変わらず。
スマソ。

オリンパにはゑのプリンタが定説みたい。
オリンパのカタログに写っているショットがソレなので(笑)。

まだ堕ちてません、E-300。
ソッチ系ではなく、電車とか鉄塔とかですから(なんだ?)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4025/4237240

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール写真雑記(その4:5/7編):

« 今期初モンテだった訳ですが。【J2第13節・ヴァンフォーレ甲府vsモンテディオ山形】 | トップページ | 【イベント】峰なゆか@秋葉原ヤマギワソフト(05.06.11) »