« F4もいいけど、バービーもね。 | トップページ | 散財の快感、そしてそのツケ »

2005.03.12

【CD】真鍋ちえみ『不思議・少女+』(レビュー前編:さすがに今回は後編もあるぞ!)

あれっ?と思ったのだ。
宇都宮で掟ポルシェが最初にスピンしたのが「不思議・少女」だったのだ。どっかで聞き覚えのあるイントロに(…え?なんで真鍋ちえみ?)と戸惑いつつ(わざわざアナログからCD-Rに焼いたんかなぁ)とか今思えばバカなことを考えてたものである。で、そのほとぼりもいい加減醒めた約1週間後、会社で暇つぶしに「真鍋ちえみ」で検索をかけてみたら…

出てんじゃん。しかも最近。
しかもYMO絡み?の連続リリースの一環と来たもんだ。同日には郷ひろみ『比呂魅卿の犯罪』等が同時発売。24日には幸宏さん・細野さん・教授の70年代後半〜YMO前期のソロorリードユニットのアルバムが大挙同時発売。しかも紙製YMOシャツ復刻版プレゼント応募券付。なぜに今。
因みに宇都宮では芳賀ゆい「星空のパスポート」もスピンされたのだが、これも同時発売のコンピに収録されていたりする。今聞くと小倉優子そのものなのが何とも(^^;;

で、会社帰りに新宿寄って探すのも面倒なので久々に(こっち戻ってからは初)アマゾンで注文。因みに某アダルトDVDをついでに注文したので、アマゾン臭さの殆どないパッキン付茶封筒で来やがりました(^^;;

真鍋ちえみについて憶えてる&ネットで軽く調べた限りで書くと、1965(昭和40)年愛媛県生まれ。この年(1982年)オスカーからアイドルユニット(ユニットって言い方はしないな、当時は)「パンジー」の一員としてデビュー。もっともパンジーとしての活動は映画『夏の秘密』での共演くらいで、3人は所属レコード会社もバラバラ(北原佐和子=RCA、真鍋ちえみ=CBSソニー、三井比佐子=Vap、だったかな)で、この年の新人賞レース(すっげぇ懐かしい響きなんですけど)には北原のみが出場していた(そういう調整を平然とやってた時代だったのだ)。「たのきんトリオ」的なアプローチを試みたパンジーだが世間に認知されることはなく、気付けば北原以外の2人は消えていた。…こんな感じかな?

さて、一部のYMO好きやらテクノ好きやらアイドル好きやらの間でこのアルバムは“幻の名盤”扱いされていたらしい。LPをヤフオクで1万円以上かけて競り落とした猛者もいるという。因みに僕も持ってるのですが、レンタル屋の処分セールで買った(ってことは高校時代か…)のでたった250円でした。勿論レーベル面には“REIKODO”のハンコが押されてますが(^^;;。一緒に買ったのが加藤和彦の『BAR AMERICAN』なるヨーロッパ三部作(!)のベスト盤(!!)で、こちらも250円だったのをよく憶えてます。誰がどう見てもただのYMOファミリーDD(そんな言葉ありませんが)
なぜ“幻の名盤”だったのか。スタッフや作家陣のラインナップを見れば一目瞭然。

プロデューサー:酒井政利(当時はCBSソニーの売れっ子PD)
サウンド・プロデューサー:清水信之(大貫妙子のアレンジやツアー参加でYMOファンにも名が知れ出していた頃、かな?)
スーパーバイザー:細野晴臣(説明不要。同年にスターボーもやってたらしい(^^;;)
プログラマー:松武秀樹(今で言う「マニピュレーター」。まだ“4人目のYMO”だった頃)

※以下、CDトラックNo.(レコードの曲順):曲名(作詞/作曲/編曲)
M01(A-1):不思議・少女(阿久悠/細野晴臣/清水信之)
M02(A-2):恋のSeaside Party(EPO/清水信之/清水信之)
M03(A-3):不思議なカ・ル・ト(麻木かおる/大村憲司/清水信之)
M04(A-4):ロマンチスト(阿久悠/細野晴臣/清水信之)
M05(A-5):ねらわれた少女(阿久悠/細野晴臣/細野晴臣)
M06(B-1):ロマンティックしましょう(安井かずみ/加藤和彦/清水信之)
M07(B-2):彼をかえして(EPO/清水信之/清水信之)
M08(B-3):うんととおく(矢野顕子/大村憲司/清水信之)
M09(B-4):ハートがピッピッ(安井かずみ/加藤和彦/清水信之)
M10(B-5):Good・by−Good・by(大貫妙子/大貫妙子/清水信之)
M11(1stシングル「ねらわれた少女」B面):蒼い柿(阿久悠/細野晴臣/細野晴臣)
M12(3rdシングルA面):ナイトトレイン・美少女(阿久悠/細野晴臣/岡田徹)
※因みに2ndシングルは「ロマンティックしましょう」(B面「ハートがピッピッ」)
※「ナイトトレイン・美少女」は映画『夏の秘密』主題歌。B面は「ロマンチスト」

これ見て何も反応しないOver35はまずいないでしょう。しない人はよっぽど偉い人です。

・・・長くなりそうなので、続きは熱のあるうち、すぐに。

※渦中のニッポン放送サイト、うえやなぎまさひこ氏の日記が面白かった。みんな読め。特にお前
(コメントつけてやろうと思ったらLivedoor ID持ってないとダメなんだと。なんだテメー心狭いんぢゃん結局)

« F4もいいけど、バービーもね。 | トップページ | 散財の快感、そしてそのツケ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4025/3267461

この記事へのトラックバック一覧です: 【CD】真鍋ちえみ『不思議・少女+』(レビュー前編:さすがに今回は後編もあるぞ!):

« F4もいいけど、バービーもね。 | トップページ | 散財の快感、そしてそのツケ »