« “あのオムライス”を食べてきた。 | トップページ | 久々な一日。 »

2004.08.28

“ハケン”なのに忙しい理由?

ブログなのに隔週ペースってのもどうかという。

本名を晒してるのであまり仕事の話は書き込めないんだが、それにしても忙しい7〜8月だった。
そして自分は進行管理だかDTPオペレータだか分からない状況になってきてる。何しろスーパーのチラシってのは「原稿の上がりが遅い」「しかも商品が直前でコロコロ変わる」「しかも単価が叩かれまくる」という代物だから(これは岩手時代にも経験したことだから、恐らく全国的にそうなんだろう)制作会社にとってはおいしい仕事ではない。そんなこともあってか、懇意にしてもらってた制作会社が相次いでギブアップしてしまい、社内で作らなければならないケースが増えてしまった。で、社内のオペレータさんもチラシ慣れてしてないし、定時になって自分の仕事が終わればとっとと帰っちゃうのでなかなか任せられず、なんか自分が半ばオペレータ状態になってるという。かくして7月も8月も残業+休日出勤が40時間オーバーですよ。手取りの給料が笑っちゃうくらい多い(岩手時代が安すぎたのかもしれんが)。正社員雇った方が安いんじゃないかって思うくらいだ(残業代出してないみたいだから)。
そんな矛盾した状況を解くキッカケになりそうな話を耳にした。昼休み、ランチ食ってた喫茶店でカウンターの隣に座った女性二人組。

「…そんでさぁ、●●さんが◆◆さんと仕事するのイヤで部署変えてもらったとか言っててさぁ」
「そーそー、そうやってみんなが嫌がる部署に派遣とか入れるんだよねぇ」

…そんなモンだったのか…

まぁ確かにスーパーのセールチラシの進行管理なんて細かいだけの雑務だし、店長はジコチューだし、副店長や部門リーダーは店長に刃向かえないストレスこっちに向けてくるし? そりゃパンフレットやPR誌の仕事してる方がいいよなぁ。で、そういうところは派遣社員に“外注”して自分らはコアコンピタンスにフォーカスする、と。それはそれでいいよ、こっちもおかげで仕事にありついてるんだし。でもさ、その割にはコストかかってない?それともこれでも他の社員よりは給料安いとか?
あと、正社員である上司が“頼んでいる=ミスっても強く言えない”という感覚があるんじゃないかと思うようになった。そういうケースに出くわすことが増えたように思うのは自分の至らなさでもあるが、そういう感覚が“仕事に対する責任感”を希薄にしてしまってないか。で、責任感持ったとして、それが派遣社員であることがいいのか。なんだか変な話だ。

大連に日本のコールセンター企業が相次いで進出してるとか(カスタマーの声を直に聞くことを外注するってこと自体疑問なんだが)中には「営業のアポ取りを中国の子会社に出す(日本の営業マンはプレゼン等に集中できる)」なんつー企業もあるとか。そうやって“雑務をアウトソーシング”した果てに、企業はどんな姿になっちゃうんだろう。

« “あのオムライス”を食べてきた。 | トップページ | 久々な一日。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4025/1301277

この記事へのトラックバック一覧です: “ハケン”なのに忙しい理由?:

« “あのオムライス”を食べてきた。 | トップページ | 久々な一日。 »